後遺症

たのしかった旅行のあと、後遺症が出た。。。それは日焼け。
旅行中はいつものブランドじゃないスキンケアのトラベルセットを持ってってたんだが、日焼け止めは普段の通勤用のなんかうすーいやつしか使ってなかった。
電車乗り中にブラインドも降ろさず陽に当たりまくってたからなあ。。
 
帰ってから普段遣いの化粧水を手にし、顔を挟み込んだ瞬間「バチバチバチバチ」といった肌の悲鳴のような反応、痛みといったら。
あととにかく顔が痒かった。日焼けで顔痒くなることってある?
一週間ほどで収まったけど、しんどかった。
 
レジャー用日焼け止めクリームを買った。
 
日焼けは痛い。気をつけようとおもった。
 
 

下呂温泉から東京日記

4泊5日の、旅行記のようなものです。帰る日。
 
駅前の地酒屋で飛騨りんご地ビールを買い、外のベンチに腰かけ朝ビール。朝の暑くなりそうな日差しの中、そよ風が気持ちいい。りんごビール美味い。
 
ギリギリまでビール飲んだりトイレ行ってて、慌てて駅員さんから切符買ったら買ったあとで券売機を勧められた。だって券売機、行先ボタンじゃなくて金額ボタンだったんだもの。ぱっと見て急いでるときは買えないよ〜。

この路線から見る飛騨川がもうめちゃくちゃ綺麗で目の保養。深い渓谷みたいなうねうねした川が続く。。。写真撮れば良かった。川で遊んでる人誰もいないのが不思議。すごく遊びたくなる川なのに。。川沿いの家は大好き瓦屋根。ああ〜。
 
美濃太田にて乗換。

てか切符は美濃太田までしか買ってなかった。車掌さんから切符を買ってる人を見て、行きのしな鉄のことを思い出し、ちゃんと追加のお金払った。
 
JR鵜沼から名鉄新鵜沼に行き、乗り換え。

車両は真っ赤っかで側面に行先表示がなかった。電光じゃなくてアナログ式のもなかった。電車はどんどん住宅街入っていく。大都会名古屋に向かう。
 
  • 神宮前
ここへ来たのは人に薦められてひつまぶしを食べるためなのですが、駅から店までの途中にある巨大な熱田神宮の存在感が凄かった。今度ちゃんと詣でてみたい。
 
  • ひつまぶし
美味しかった。しかし1時間待ったよ!普段なら絶対行かないが…行って食べたら美味しかった。熱田神宮に献上してるという日本酒も、暑い中だったので美味だった。
 
  • 名古屋
名鉄で名古屋まで戻る。そこから新幹線で帰る。ほんとうは帰りも新幹線じゃないやつで帰ってみたかった。が、時間とか日数とかの諸事情で断念。
新幹線の中でかかったお金を計算して愕然とする。アレ?そもそも新幹線乗らないで行ったらお金もかかんないし楽しいじゃ〜んって思って決めたんじゃなかったか。。行きも帰りも結局新幹線乗ってるし。
お金すごい使ったが楽しかったなあ。。。またどこか別の路線乗りに、旅行行きたい。
 

金沢から白川郷・下呂温泉日記

4泊5日の、旅行記のようなものです。よっかめ。
 
予約してた高速バス。

この旅行のメインイベントが昨日で終わったので、これからの旅程は家までの復路。消化試合感ある…何だか寂しい。
都会から山の中へ。五月の日本は、山の中でも花が咲き乱れている。人が人のため(自分のため)に植えたのではない花が、山の中に色を出してることに感動してる。当たり前のことなんだろうけど、普通にきれい。普通に感動。
 
白川郷バスターミナルは窓口の人が英語対応できてたり、荷物預かりがあったり、親切だったり色々行き届いている。

白川郷では展望台まで歩いて登り、そこでこだわりなくがっつりランチ。もっと雰囲気あるカフェや蕎麦屋なども選択肢にあったんだけど、もう復路なので色々面倒になってきてる。
合掌造りの家のそばにも濃淡様々な花が咲いてて、どこを見ても目が楽しい。和田家っていう合掌造りの家に入り、かつての村長さんの尽力を知る。こういう人はほんと偉いなあ。
 
高山までのバス。疲れて寝てたらついた。

 

  • 特急ひだ名古屋行き
太陽に当たって心地良い疲れの中の特急。切符をどう買ったのか?記憶がないぜ。。寝てたんだと思う。

 

川が大きい下呂温泉野沢温泉とは規模が違う、大型温泉地。旅館も大型旅館。
チェックイン
→旅館の温泉その一。広い!あまり熱くない。ビリビリも来ない。露天風呂のひとつが白いにごり湯で気持ちよかった。
→夕飯探し。歩いたエリアが悪いのか、まっ暗で閑散としていた。繁華街を見つけ切れず、不安になってくる。
→焼き肉の匂いに釣られ、こだわりなく焼肉に。もっと雰囲気ある居酒屋とか蕎麦屋とかの選択肢もあったんだけど、もう復路なので色々面倒に(略)。結果、豪遊。飛騨牛うまかった。
→コンビニでビールやら何やら買って帰る。
→旅館の温泉その二。スパ的な。上がると肌がつるっつるピカピカで驚く。泉質は野沢温泉のほうが好きだけど、下呂温泉は肌が輝く。
→ビール飲む
→旅館の温泉その三。大型旅館はたくさん温泉があって面白いなあ。
→部屋に戻ってテレビ見ながらだらだらチューハイ開けカップめんなどを食べる。
→朝。温泉その一に入り身支度、朝食。
 

今日の料理

蒸し暑い。低気圧とか仕事とか色々な要因で、夫もダウンしている。自分もダウンしたいくらいには不調。
そんな今日に食べたいごはんはお気にの料亭のランチ限定鯛茶漬け。。。でもランチはとっくに終わっているので、夕方夜営業開始前に料亭に赴き、鯛茶漬けのごまダレ(瓶詰めを売っている)を購入してきた。鯛は魚が美味しいスーパーでサクを購入。
 
うまい!
鯛そのものは料亭のものに遠く及ばないが。。。
 
蒸し暑い日は鯛茶がおいし〜

富山から金沢日記(コンサートの感想)

4泊5日の、旅行記のようなものです。みっかめ。メインイベント。
 
  • あいの風とやま鉄道
富山を出発。東京ぶりにスイカでピッできる駅。

富山から金沢は、水田・畑に瓦屋根の住宅街。家が大きくて東京とは違うなあと思う。途中凄く細い古そうな線路が並走しているのに気づく。気になって調べると富山地方鉄道という路線らしい。。。路線も、あいの風とやま鉄道と並走してる部分もあれば大きく住宅街に迂回してる部分もあって、ザ・ローカルな感じ。うーん気になる。乗ってみたい。

 
  • 金沢でのムーブ
イカで降りれる都会駅。凄い人。天気もよく気温も高く、賑わいすごい。何度も来ているが観光は初めて。コンサートの合間に観光します。
 
  • ひがし茶屋街
ビジホに荷物預け、JR路線バスでひがし茶屋街。凄い人。着物のカップルがたくさんいて見てて楽しい。並んでないカフェを見つけてケーキとコーヒー。JRバスで駅へ戻る。なおJRバスなのでスイカでピッできる。
 
  • コンサート①
石川県立音楽堂でブラームスピアノコンチェルト。後ろの弦楽パートの音が団子のようだった・・・。座席が悪かったのか?
ピアノが素敵なのでそっちに集中する。
 
まちめぐりバスで21世紀美術館へ。若者カップルや若者グループがすごいたくさんいる。有名な展示見て、建物も面白くて堪能。出て、角の店で金箔ソフトを食べる。金箔キャンディを買う。ひとり観光客は珍しいようだ。
まちめぐりバスで駅へ戻る。このバスは現金オンリー。
 
  • コンサート②
ピアノの現代音楽コンチェルトとブルッフのヴァイオリンコンチェルト。現代音楽が始まると一音も聞き漏らすまいと、背筋が伸びる感じがする。美しい曲。ブルッフブルッフでとても良かった。
 
  • コンサート③
続けて井上先生のブラームス一番。この音楽祭の最後の公演らしく、満席に近い感じ。ブラームス1番はベートーヴェンっぽい交響曲です。お昼のオケと同じオケなのだが、さっきと打って変わってすごく良くなってる。
何だ何だ。やっぱ座席の関係?すごく良かった。そう思ったのは自分だけではなかったようで、他のお客さんも大満足のスタンディング拍手。井上先生も満足気である。素晴らしかった。。
 
駅ビルの金沢おでん居酒屋にてひとり豪遊。車麩、のどぐろ、加賀の日本酒、蓮根まんじゅうとか。うまかった。
 

えちごトキめき

はっ。。。越後ときめき鉄道日本海ひすいライン という鉄道に乗ったのですが、正式名称は【えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン】だった。

ときめきのトキだけカタカナって、天然記念物のあれかー!

野沢温泉から糸魚川・富山日記

4泊5日の、旅行記のようなものです。ふつかめ。
 
バス待ち合いに券売機がある。川沿いの座席ゲット。五月の菜の花(もちろん野沢菜の花)はこの辺の名物らしい。やはりね。川沿いに写真を撮る観光客をたくさん見た。
 
一人客もけっこういた。良かった。川がある景色はつい見ちゃう。おいこっと見て手をふる住民(こども)、おいこっとを収めるべく三脚を構えている人らがいて面白かった。

畑の中の墓にぐっと来る。
 
予定になかったがここでお腹すいたので駅そば食べた。関東の黒いしょうゆ味が染みるぜ。

 

声に出して読みたい鉄道路線北越急行ほくほく線十日町駅券売機で、越後ときめき鉄道日本海ひすいライン乗入れ後の糸魚川駅までの切符が買えた。直江津で乗換。トンネルが多くて景色はあんまり楽しめない。

 
 
直江津で泊行きに乗り換え。混んでた。直江津の次の谷浜までの区間で、バーンと日本海が現れる。興奮。海!!日本海に感激。

日本海を背景に、手前の街はみな黒い瓦屋根の家で対比が美しくて見とれる。格式高い漁村という感じがする。おいこっとの車窓より好き。

 
下車。

とりあえず日本海を見に北側へ出る。海だけ見たら、ただの海だった。この海岸線で北朝鮮に拉致されるんだな。
やたら道幅が広い糸魚川の街。「がんばろう糸魚川」という看板を何個か見たが、なんで?地震あったっけか…と思い調べたら、大火災で一帯が焼けた地域だった。ニュースを思い出した。あんまお店なかったけど、お店でなんか買い物すればよかった。
 
とても楽しかった。新鉱物が見つかってるというのは初めて知った。イトイガワアイト、みやげに買いたかった…(なかった。)

あとジオパークジオパーク所以もムービーでわかり、たいへん面白かった。世界の鉱物の展示の中にフォスフォフィライトが一個だけあったのはマンガのアレの影響かなーとか思っちゃう。
翡翠ストラップをゲット。
駅のセブンでヒスイ羊羹をゲット。
 
あいの風とやま鉄道乗入れの市振乗換富山までの切符が買えた。

糸魚川出てすぐ、海側の反対側に巨大なセメント工場らしき工場風景が広がり、悶絶&圧巻の景色。。。素晴らしい。素晴らしすぎる眺め。しかし反対側の座席でリュック抱えて座っていたため、カメラ取り出せず。写真撮れず。
 
  • あいの風とやま鉄道
泊で高岡行きに乗換。混んでた。平たい平地に水田。遠くに連なる山。えっ何絵葉書…?田んぼの中にぽつぽつ建つ立派な家は、やはり黒い瓦屋根の家。瓦屋根の家すごい好きだ。

海沿いの瓦屋根と雰囲気違う、田んぼ沿いの瓦屋根。田んぼは水がなみなみで、細い道ギリギリに家がある様はヴェネツィアの潟とよく似ている。
田んぼの中の個人墓地を数多く見てぐっと来る。
 
  • 富山
賑わってない方の出口からビジホに泊まる。グーグルマップで一番近い寿司屋が激安の地元民の行くぽい寿司屋だった。富山らしく白えびの握りを食べれて良かった。
この旅で一番上等?なオシャレビジホ。朝食セットが豪華だった。写真撮れば良かった。